発達障害(LD、ADHD、自閉症スペクトラム等)・不登校のお子様は認知・心理に応じた教材、指導形態をとります。診断のある・なしに関わらず、そのお子様のニーズに合わせた授業・教材を用意します。ハンデがありつつもしっかり学べる環境作りを心がけます。事前相談でしっかりとお話をお聞きします。ニーズに応じた教育方針を提示いたします。

感覚教育をベースとした、学校の授業についていけない等、配慮が必要なお子様も取り組める課題を設定し、同時に基礎学力の定着、学力の向上を図ります。

また、基礎学力を向上させたい、成績を少しでも上げたいお子様も指導のポイントは共通します。ぜひご相談ください。