好きな物語

私は、金八先生に憧れて教育者を目指しました。

 

というのは嘘で、やりたいこと?が上手く行かず、他にできることが見当たらなかったことが一つの理由である。

しかも、学校の教員を辞めて塾を始めてしまった・・・

 

そんな変わり者の教育者である私が影響を受けた学園物と言えば、村上龍の「69 sixtynine」

本当に痛快、初めて読んだのは19の時であったが、それ以来、村上と言えば、春樹ではなく、龍である。

大学生の時は、村上龍のエッセイをよく読んだ。

 

この本は映画(中学生以上推奨)にもなっているが、浪人時代の予備校の先生が勧めてくれた。

きっと内容的に学校の先生は勧めてくれない。塾の先生だったから勧めてくれた。そして大好きになってしまった作品である。

九州の方言のセリフがまた何とも九州出身者の心を刺激する、楽しくってしょうがない、青春の物語なのである。

 

「退屈な奴らに俺たちの笑い声ば聞かせてやるったい!」アーハハハハッ!!

 

 

学習支援塾すたでぃあ(stadia)

〒168-0064 東京都杉並区永福3丁目54−5エバーグリーン松永ビル102  

TEL   03-6319-7532

E-mail  stadia.education@gmail.com