二十一世紀に生きる君たちへ

塾の本棚には司馬遼太郎の「二十一世紀に生きる君たちへ」という本があります。

私はこの本が好きで、ぜひ子どもたちに読んでほしいと思っています。

 

文章は重厚でありつつ、無駄がない、それでいて読むだけで背筋がピンとなる、そんな本です。

 

最近はジェンダーの問題などもあり、男子、女子と分けるのはナンセンスな時代なのかもしれません。

ただ、やはり、子どもを指導していると明らかに男の子、女の子では物事の感じ方、育て方が違うと感じます。

 

司馬遼太郎は特に男の子には読んでほしい。「竜馬がゆく」は特に。

自分の中の力強さが自然と湧いてくるような気がします。

 

では、女の子は何か。個人的には向田邦子の文章のような気がします。

品を持ちたい、と思えるのでは。

 

まあ、時代遅れのような気もしますが、ずっと変わらないものもあるような気もします。

学習支援塾すたでぃあ(stadia)

〒168-0064 東京都杉並区永福3丁目54−5エバーグリーン松永ビル102  

TEL   03-6319-7532

E-mail  stadia.education@gmail.com